menu

横浜 有森純税理士事務所

過去の税務コラム

過去にお届けした 横浜の税理士 有森税理士事務所 の税務コラムです。(下の方で別年度を選択できます)

2015年12月

空き家に関する税制変更について

かつて、空き家は住宅用地特例による税率軽減の措置があり、建物の評価額の6分の1が課税されるという制度がありました。しかし、近年は法制度が変化しています。じつは、空き家を放置していると、普通の物件以上に税金がかかってしまうのです。続きを読む

2015年11月

一時所得に関する税制度について

法律上、賞金や賞品にも税金が発生します。「一時所得」に該当し、50万円を超える金額の賞金や商品券は額面通りの所得として扱われます。また、賞品でもらった場合は、賞品の価格の6割が課税対象になるのです。続きを読む

2015年10月

横浜市が徴収する森林環境税(横浜みどり税)について

今月は京都府が平成28年度より導入を予定する森林環境税(豊かな森を育てる府民税)と、横浜市が徴収する森林環境税(横浜みどり税)についてご紹介します。続きを読む

2015年9月

東京都が独自に行っている宿泊税について

東京都が独自に設定した宿泊税は、観光業振興を目的とした税金です。東京都が独自課税を行う地方税(法定外目的税)として、さまざまな経費に使用されます。続きを読む

2015年8月

8月に分納する個人事業税の分納について

個人事業主は事業を営む際、事業所等を開設している都道府県に対し、税金を納める義務があります。これが、「個人事業税」です。続きを読む

2015年7月

課税強化が検討されている砂糖の税について

厚生労働省は有識者懇談会で提言書をまとめ、2020年までにたばこ、酒、砂糖の課税強化を求めました。たばこや酒に並び、砂糖も課税対象に挙げられた理由は、砂糖の摂り過ぎが糖尿病をはじめとした病気を引き起こすリスクがあるからです。続きを読む

2015年6月

家族間でのお金のやりとりと贈与税の関係

今月は、家族間でのお金のやりとりと贈与税の関係についてご紹介します。基本的に、年間110万円までは課税対象となることはありません。家族の場合、多くのお金のやりとりは課税対象となりませんが、課税対象になるケースもあるので覚えておくとよいでしょう。続きを読む

2015年5月

今年度より変更された税金の種類について

今月は、今年度より変更された税金の種類についてご紹介します。続きを読む

2015年4月

マイナンバーによる税徴収について

今月は、先日国会に提出されたマイナンバーによる税徴収についてご紹介します。続きを読む

2015年3月

軽自動車税について

軽自動車税は、新車の軽自動車を購入したときに支払う税金です。4月1日時点での所有者に課されるのですが、従来は年間7,200円だった税額が10,800円に変わります。続きを読む

2015年2月

確定申告における医療費控除について

1年間のうち、医療費を一定額以上支払った人は控除を受けることができます。個人事業主の方はもちろん、サラリーマンやアルバイトの方でも確定申告を行えば、医療費控除を受けることができます。雇用形態によって適用外になるということはありません。続きを読む

2015年1月

1月よりスタートした相続税改正のポイント

あるシミュレーションによると、今回の基礎控除額の縮小と税率変更によって、相続税の課税対象者は8%に増えると言います。しかし、特例措置の領域も拡大しているため、事前の対策によって節税できることもあります。続きを読む

アーカイブ

アクセス

当事務所へは4駅から徒歩でお越しになることが可能です。

有森純税理士事務所

〒220-0023横浜市西区平沼1-4-22 横浜平沼ダイカンプラザⅢ 703

当事務所へは4駅から徒歩でお越しになることが可能です。

  • 市営地下鉄線高島町駅出口1から徒歩5分
  • 京浜急行線戸部駅から徒歩8分
  • 相鉄線平沼橋駅から徒歩8分
  • 横浜駅東口から徒歩10分

お車でお越しの場合、当事務所で駐車場をご用意しておりませんので、申し訳ありませんが周辺のコインパーキングをご利用ください。一番近いパーキング(NaviPark)は事務所があるマンションの隣にあります。

詳しいアクセス